HOME > Why TOYO? > 包装の形態について > Rカットとは

Why TOYO?

Rカットとは

スティック包装品の四隅を、角が刺さらないように丸くカットすることです。 丸みを持たせることで、包装・物流工程での突き刺しクレームや消費者の指や手の平に触れた時の痛みや怪我の原因をなくし、優しい印象を与える事を特徴とします。

スティックの角に丸みを持たせた”Rカット”は東陽が開発した新しい包装形態です。(意匠登録第1158788号)

■東陽のスティックはここが違う。 〜Rカットって何がいいの?〜
こんなことで困ってませんか? やぶてたり、角で怪我したり、ファッション性の高い商品はないか?

ならば…


Rカット包装なら、破けない、痛くない、スマート!

 


■グッドパッケージング賞「包装アイデア賞」を受賞

Rカットは、(社)日本包装技術協会主催「2003日本パッケージングコンテスト」にて、スティック包装品のカット面に丸みを持たせることで、 包装・物流工程での突き刺しクレームや消費者の指や手の平に触れた時の痛みや怪我の原因をなくし、優しい印象を与える事を特徴とする新包装形態が評価され、 グッドパッケージング賞「包装アイデア賞」を受賞いたしました。

Rカット グッドパッケージング賞「包装アイデア賞」

 


Rカット『スティックR(まるみ)カット』
■Rカットサンプル
Rカット サンプル

関連リンク

TOP