HOME > Why TOYO? > 包装の形態について > スティック包装とは

Why TOYO?

スティック包装とは

棒状の包装形態です。砂糖の小袋が一番早く採用されました。

包材を棒状にして砂糖を充填、密封する包装機が日本に生まれて40年が経ちます。

スティック包装

シール部

構造的には縦型で多列がメインで、パイプに包材を巻き付け、あわせ部をシール(縦シール)し、充填、その後横方向をシールし、密封します。


関連リンク