HOME > 就職情報 > 企業訪問記

就職情報

企業訪問記



学生情報誌「REAL」掲載記事より

石井部長

工場の中には、人の10倍ほどの大きさの機械が数十台もあり、とても活気がありました。東陽機械製作所さんは包装機械の設計から組立まで全て行う会社です。従業員の方は主に4人1チームで背丈を軽く上回る機械を手作業で作っていました。総務部の石井部長の案内の下、機械の製造工程等を説明をして頂き工場見学しました。

まず包装機械とは、包装をする機械のことです。「それってなんだろう?」と正直よく分かりませんでしたが説明を聞いて驚きました。


凄いトコ1

 某有名食品メーカー「さけ茶漬け」、冬の必需品「カイロ」、風邪のときにお世話になる「粉末の風邪薬」などはこちらで製作された機械を使用し包装された商品で、身の周りに沢山あったのです。


凄いトコ2

 クライアントの求める機械をゼロから設計する技術をもっていること。取引先の要望に答えるべく新しい機械を次々に作っています。さらに今まであった機械もどんどん改良されています。


凄いトコ3

 生産台数の25%は海外のクライアントからの受注になります。海外営業部があり、世界でも最先端技術を搭載した機械はイギリス、フランス、スペイン、ドイツ、シンガポール、マレーシア、中国、ロシアなど世界中で需要があります。実際に訪問した際も、フランスのメーカーの方が打ち合わせに来ていました。


医療用薬品の袋に入っている薬の量は全て一定です。そんなことは当たり前と思っているでしょうが、皆さんのその当たり前を作り出しているのです。自動で薬の量を測り、薬を一定量包装する機械を開発しています。作り出すのは、まず頭の中からです。

頭の中でイメージしたものを現実の機械へと変えていくのです。自分自身の手で大きな機械を作り上げたい人には最高な職場だと感じました。見ているだけでも楽しい機械を作ってみたくなりました。

工場作業

世界にひとつしかない"ONLY−1”の機械です。

作っている機械は全てオーダーメイド。クライアントのニーズは様々です。それらを聞いて1台ずつ作るので、世界にたったひとつの機械です。

自分を活かせる会社。とことんまでやれる会社

自分が関わった仕事は最後までとことんやり遂げることが出来ます。ものつくりが好きな方が自分のアイデアを最大限に活かすことの出来る会社です。

不況にも強い。トップクラスの技術力

蓄積されたノウハウと包装技術は世界トップクラスです。ハイスペックな”TOYO”機械は海外メーカーにも広く知れ渡って、景気なんか関係ありません。

TOP